旅行が趣味と言う方も多いです。

温泉旅行で疲れが残る原因と対策

温泉旅行で疲れが残る原因と対策

旅行が趣味と言う方も多いです。毎年、毎月楽しみにして出掛けてリフレッシュするのは堪らなく良いです。しかし旅行に行ったのは良いが、何だか疲れたと言う方もいます。せっかく楽しい温泉旅行に行っても家に帰ると疲労困憊になり翌日まで残ケースもあります。これは旅行先での過ごし方を変えるだけでだいぶ違います。例えば有名な温泉地に出掛けた場合、もちろん目的は温泉です。様々な効能があるので到着したらすぐ温泉に入浴して楽しむ方も多いはずです。ここが疲労の原因でもあります。もちろんすぐ入り楽しみたいのは皆同じです。

しかし目的地に到着するまでには長い道のりや他観光スポットを巡り興奮状態にあります。誰もが知らない土地や旅行先ではテンションが上がります。そこへ到着してすぐに熱い温泉に入ると更に興奮状態となります。その為疲れもおもうように取れずに翌日又長い道のりを家路に向かう為、疲労が重なります。こうならない為にもまず温泉宿に到着したら部屋でしばらく休息してから温泉に入るのが良いです。お茶でも飲みながらゆっくり過ごして落ち着いたら入ると、疲れも取れます。そして夕食後寝る前にもう一度温泉に入ります。ここで注意したいのが長風呂は禁物です。温泉は高温の為、長く入り過ぎると体がほてって寝付きが悪くなります。適度に入ると夜はぐっすり眠れ疲れが取れます。